千代田物流あービスセンター 小杉昇

入社のきっかけは

以前勤めていた会社で、派遣社員として諸田トラフィックの本社倉庫を借りて在庫管理の仕事をしていました。 
その時に諸田トラフィックの従業員の方々に仕事のアドバイスなど仲間として接して頂き、ここで働けたらと思っていました。その時の縁もあり声をかけて頂き入社しました。
従業員一人一人と真剣に向き合ってくれる会社だと感じています。

現在のお仕事は

千代田物流サービスセンターでサービス部品の受注業務を担当しています。
お客様からの要望に即座に応えられる様に、在庫管理や納期の調整など一つ一つの注文に合わせて出荷対応をしています。
また、私の所属する物流サービスセンターではサービス部品は365日24時間体制で出荷対応をしており、仲間の従業員と共に、毎日頑張っています。

仕事のやりがいは何ですか

緊急出荷依頼の為、お客様からいろいろな情報を収集し、対応がスムーズにいった時、「ありがとう、助かりました」と感謝の言葉を言われるとすごくやりがいを感じます。
その為にいつでも対応でも出来るよう、自分自身を日々成長させていく事が大切だと感じています。

印象に残っている仕事上のエピソードは何ですか

お客様から「至急扱いで明日までに荷物を届けて下さい」と電話にて依頼された時の事です。
依頼を受けた時間は、路線業者の集荷も終わっていた遅い時間帯でした。しかし、仕事を引き受けたからには、届ける荷物を集荷し、梱包作業を行い、路線便の確保をしなくてはなりませんでした。当然、私一人の力では全ての対応は不可能な状態でした。各担当者に依頼内容を説明すると、皆が黙々と出荷準備に取り掛かり、対応してくれる路線業者を調べあげ、全ての荷物の手配を済ませることが出来ました。誰一人「無理です、間に合いませんよ」と弱音を吐かずに力を合わせて対応が出来ました。
一人の力では無理な事もみんなの力を合わせれば何倍にもなり、無理だと思われる事でも出来る様になる実体験でした。